やりがいを得られる仕事に就職したいならすべきこと

辞める辞める

当サイトは辞めるについての知識が豊富にあります。辞めるについて関心のある人へ、うれしい情報をお届けしています。

仕事を辞める方法について

辞める

仕事を辞めると言いにくくて、辞めたい辞めたいと思いながら、毎日仕事を続けているという人は、案外大勢いるようです。
話にくいことですが、何も言わないで辞めてしまうと無題退職になってしまうので、事前に辞めることを伝えておく必要があります。
仕事を辞めることはなかかな大変なことです。
上司に退職の希望を伝えることだけでなく、後に同じ仕事をしてもらう人のことも考える必要があります。
あなたの職場でのポジションによりますが、退職願を提出しても、すぐには退職を受け入れてもらえないことも考えられます。
では、どんな動機でなら、すんなり仕事を辞めることができるものなのでしょうか。
仕事を辞める時の角が立たない理由としては、いくつかパターンがあるといいます。
事実との相違が起きるかもしれませんか、親や祖父母、家業や後継の問題で、田舎に帰るという類の理由です。
いくら上司といえども、他人の身内や家族事情には口を出せないものなので、この退職理由は、引き止めることが出来ないので、簡単に辞めることができます。
また、今よりいい条件の会社に転職できることが決まったと言われれば、上司でも、引き止めるに足りるだけの理由を持ち出すことが難しくなります。
引き止められることはあるでしょうが、転職先の条件や待遇を伝えることで、会社もきっと諦めてくれるはずです。
ただ辞めたいという気持ちを言うのではなく、仕事を辞めるまでの流れを相手に納得してもらうことが、スムーズな退職のコツです。
どんな伝え方をしても、まずは引き止めて様子を見るという会社も少なくないようですが、仕事を辞める話を切り出す時は、状況を固めておくようにしましょう。

仕事を辞める理由について

辞める

会社の人に嫌な思いをさせずに、仕事を辞める意思があることを伝えるには、どうすればいいでしょう。
スムーズに退職するためには、仕事を辞める時には、適切な言葉で相手に自分の意思を伝えましょう。
もしも、仕事を辞める動機が、会社に対して7不満が蓄積した結果なら、言い方も考える必要があります。
上司に辞める理由を伝える時に、会社に対する不満をそのままぶつけるという事は、あまり上手な方法ではありません。
会社への不満は、会社のあり方を見直すという点では、ありがたい意見として受け入れてくれるかも知れません。
しかし、会社や職場に対する不満がつもりに積もったから退職するという事では、納得してもらえない事もあるでしょう。
やり直しはきかないものなのかと、会社側がなかなか退職に納得してくれない場合も珍しくありません。
実際以上に状況を悪く言い立てて、辞めやすい状況をつくるというのも、あまりいいことではありません。
スムーズに仕事を辞めるためには、ポジティブな理由で辞めたいという形にするのがいいでしょう。
すでに次の仕事が決まっているのであれば、やりたい事が見つかったからと素直に伝えれば良いでしょう。
資格など目指したい分野があるなど、これからの方向性を伝えて、仕事を辞めるという事もできるでしょう。
仕事を辞めると決めた場合には、そこで働き続ける人がいるので同僚に不満を言いふらしたり、仕事に対して手を抜く等の行為は円満に退職する上で弊害となるので、最後まで失礼のない対応を振舞う事が大切でしょう。

仕事を辞める時期の決め方

一旦は勤めた職場を様々な理由で退職する人が出てきますが、仕事を辞める時期というものは、どこで決めるものなのでしょう。
もともと日本では、一度勤めた職場は、定年の年になるまでずっと勤めるという形が、スタンダードなものでした。
ですが、近年、日本でも転職は珍しい話ではなくなっています。
そのため、退職も、昔よりずっとやりやすくなりました。
会社を辞める時には、業務の引継ぎや社内の人間関係、また会社の文化などによって、辞める本人にかかるストレスや負担は相当大きなものとなっています。
なるべくスムーズに仕事を辞めるには、どのようにそのタイミングで退職するのが良いのでしょうか。
まず重視すべきは、自分の中で確固とした見通しを立てておくことです。
どの時期に退職する場合でも、退職をするという決意を固めて、それに向かって行動をすることが、必須になります。
退職をしなければならない事情を明確にして、準備が必要な時は準備を済ませ、余裕を持って上司に相談を済ませておくというのが定番です。
退職をするならいつごろが自分自身や会社にとって負担が小さく済むのかを、十分に検討することが大事になります。
仕事を辞める希望時期までの期間が短すぎると、自分のタイミングで退職時期を選ぶことができなくなりますので、気をつけましょう。
例えば年度末や決算期などの繁忙期ではできる限り避けなければ、どの職場でも歓迎されないことは誰にでも分かることです。
一方で、ボーナスが支給される時期であれば、急いで退職せず賞与の支給を待ってから退職する方が、より賢い選択といえます。
長期の盆休みや、年末年始の休み、人が異動する時期など、仕事の切れがいい時に辞めることで、自分自身も気が楽ですし、仕事の関係者からしても作業の負荷を減らすことができますので、辞めやすくなります。

転職理由の上位にある残業の多さについて

社会人の転職することになった理由の中で、上位に入ってくるものとして残業の多さが挙げられます。
毎日が残業続きだと、身体的な負荷が大きくなるだけでなく、仕事と、個人の時間を切り離すことが困難になります。
いつもいつも残業だと、働く意欲もなくなりますし、体がいうことをきかなくなり、退職せざるをえなくなることもあります。
期日が明確に決まっている仕事があり、残業をしなければ終わらないという時には、やむをえないこともあります。
納期があり、締め切りが設定されている中で働くからには、残業をしなければいけない日もあるものです。
しなければならないことがたまっているのに、労働時間を超過したくないから帰宅するという道理は、社会人には通じません。
その反面、過剰な残業時間による拘束は肉体的にも、精神的にも疲労を起こします。
人員が足りないけれど、仕事の量は慢性的に多く、結局は毎日残業をしなければ、作業をこなすことができないとあっては、いつかは体を壊してしまいます。
毎日残業ばかりという生活に疲れ果てて、もっと休みがとれる仕事につきたいと思う人も大勢いるものです。
残業時間や、休日出勤の日数で給料が増えることがないように、年俸制にしたり、みなし残業にして残業を給与に取り入れているケースもあります。
毎月、たくさん残業をしているのに、給料が全く増えないことに不満を持っている人もいるようです。
残業時間も、休日出勤の日数も多いのに、給料は低いままということを、転職の理由にする人は少なくありません。


先頭へ
Copyright (C) 2018 やりがいを得られる仕事に就職したいならすべきこと All Rights Reserved.